スポンサーリンク

うつ病と向き合う

Pocket

前回は、私がうつ病になってからの通院や仕事、生活を
少し振り返りました。
薬を飲んで、休養していて
余裕がなかった仕事や生活から脱して
そのうち、行動できる時、思考できる時まで
待ちました。
(いや、そういう時期が来ることなど考えず)
少し元気になって、仕事を探し始めたり
将来への焦りが出てきます。
私の場合は、同級生が仕事をバリバリしていたり
そろそろ結婚し始める頃だったので
早く社会復帰しなければ、と焦っていました。
しかし、社会や周囲の人との
適切な関わり方、コミュニケーションが
うつ病の発病前と大して変わっておらず
苦労しました(今でもそうかも(笑))。
前回でも挙げましたが、
私のうつ病や、それらの症状は
・まじめで従順な性格
・コミュニケーションが不得意
・空虚な私生活
・1日中コンピュータに向かう仕事
・外食や弁当ばかりの食事
が原因ではないかと考えています。
もし、うつ病で苦しんでいる方
また、別の病気でもそうかもしれませんが
まずは苦痛やひどい病状を抑えるように
休養や療養してください。
そして、原因や対策が考えられるくらいに
身体や精神を回復させましょう。
その後に、生活習慣・食事・職場環境の
改善を図ります。
今までの何が悪影響しているのか
それを変えなければ心身の変調は
また違う病気で起きるでしょう。
薬を飲み続けて、ひどい状態でなければそれでいい
そう諦めることは、しないでほしいです。

Pocket

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

▲トップへ戻る