スポンサーリンク

うつ病の減薬・断薬(参考例3)

Pocket

うつ病で処方される薬を止めるために
参考にしたものを挙げてみます。
※同じように実行したわけではないです。
※担当医と相談せずにしているので
 単に真似ることはぜず、自己管理でお願いします。
参考例3.
「認知行動療法」
①認知行動療法とは?
考え方、ものの見方の癖に注目した治療法です。
その考え方や見方から修正していきます。
パニック障害、強迫性障害、不安障害、摂食障害などに効果があると言われています。
「物事を良い悪いのどちらかに決めてしまう」
「どうせ悪い結果になる」
という、極端な認知の歪み(ゆがみ)を見直して修正します。
そうすると、その考えに基づいてしていた行動も改まる、ということです。
②カウンセリングの受診
この認知行動療法をしている心療内科(又は心理士などのカウンセラー)で
カウンセリングを受けます。
認知を矯正して、行動パターンを改めていきます。
不安や心配を減らし、医師との相談で減薬をしていきます。
また、アルコールやタバコ・不健康食・運動不足
否定的な考え・マイナス思考・被害妄想など改善していき
うつ病の症状の改善と同時に、薬の量を減らします。
③生活習慣の改善
単に減薬するのは大変危険です。
医師やカウンセラーと相談しながら、体調を見ながらです。
そして、減薬断薬するために、うつ病を良くするために
生活習慣を改善していきます。
・食生活を正す
 加工食品や外食、ジャンクフードを控える
 新鮮な野菜果物をとる
・昼夜逆転を正す
 太陽に合わせて、日中は起きて夜にねる
・運動をする
 日中の日光を受けながら、ウォーキングをする
・サプリメントや漢方を取り入れる
・断捨離(ものを整理する)
・メールアドレスの整理(人間関係の整理)
以上が、簡単にまとめましたが、参考例3でした。
カウンセラーとの相性が良ければ
心理療法を受けて、改善の手がかりが得られるかもしれません。
ただ通院して、薬を処方されて、という同じパターンから
抜け出せるキッカケになります。

Pocket

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

▲トップへ戻る