スポンサーリンク

トランス脂肪酸と、その食品

Pocket

1.トランス脂肪酸とはどんなものか。
不飽和結合の部分での結合の仕方が対角線方向
になっている不飽和脂肪酸のことで、
常温では固体です。
水素添加された油脂(別の言葉で硬化油)
に含まれているものです。
2.トランス脂肪酸の有害性
心臓疾患、肥満・アレルギー、流産・死産など
健康へのリスクはとてつもなく高いようです。
日本では規制されていませんが
アメリカ、南米、欧州、中国、韓国など
主な国では規制されています。
トランス脂肪酸を含む油を、狂った油
とも言われています。
3.トランス脂肪酸を多く含むもの
トランス脂肪酸の含有率が最も高いのは
マーガリンとショートニングです。
それと、ファットスプレッド、クリームも。
4.トランス脂肪酸が含まれる食品
これが気になるところですが、
あらゆる食品に含まれている、と思ってしまいます。
・パン菓子
 商品の原材料の欄には、マーガリンやショートニング
 の文字をよく見かけます。
・スナック菓子
 揚げ物に使う油が、ショートニングである可能性が高いです。
・ファストフード
 やはり、ポテトやチキンなどの揚げ物の油です。
 ピザやドーナツも。
・調理した食品
 スーパーなどの惣菜で、揚げ物が多いですが
 それだけコストが下げられるのでしょう。
自炊以外では、完全に避けることは
とても無理だなぁと思いました。
なので、マーガリンやショートニングを
多く含んだ食品や、揚げ物は
できるだけ買うのを控えようとしています。

Pocket

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

▲トップへ戻る