スポンサーリンク

健康と食事と薬を考える理由

Pocket

ここで、私自身のことについてです。
10数年前に、不調が起こりました。
当時、いつも乗っていた電車を前にして
その電車に乗り込むことができなくなりました。
圧迫感があり、胸が苦しくなったのです。
何本も到着しては見送って、ホームのベンチに
座っていました。
おそらく、病名を付けるなら「不安障害」でしょう。
また同じ頃、夜眠れずに朝まで起きていて
翌日もずっと眠気もなく生活する日が数日続きました。
全く眠らない日が続くわけではないですが
「不眠症」の症状が出てきました。
そして、食事が喉を通らなくなりました。
食欲がなく、少し食べても戻したりしました。
食べると気分が悪くなり、目眩に近い状態になりました。
このように、同じ時期に変な症状が重なり
病院で、点滴を受けたり、胃薬を処方されたり
なんとか頑張ろうとしたのですが、別の病院で
「うつ病」
と診断されて、安定剤や睡眠導入剤をもらうことになりました。
薬のお陰で、眠ることができるようになり
少しは不安や拒食は和らぎました。
その薬のお陰で、思考力は大幅に落ちて、仕事を失いました。
当時は、それだけキツイ薬だったんでしょうね。
数年、寝込んでいました。
その後、通院と服薬を続けて、カウンセリングも長く受けつつ
バイトや就職もしましたが、あまり続きませんでした。
薬は相変わらずでした。
数年前から、仕事や生活でも、身体的・精神的にいいことを
しようと思い始めて、今は自然の多い場所で生きています。
健康のために、食事や薬も考え始めて、
いろいろな情報を集め、話を聞きました。
うつ病の薬として処方される、
睡眠薬・安定剤を減らそうと思うようになりました。
そして、本当に最近ですが(2ヶ月前くらい)
完全にうつ病の薬を断つことになりました。
1錠も飲まなくてもいい状態で、
今のところ調子がおかしくもなっていないです。
断薬に成功しました。
簡単な流れだけですが、
「薬漬けから脱したい」
「健康を考えたい」
「薬や病気を知りたい」
という方の参考になればと思っています。
また次回に詳しく書いていこうと思います。

Pocket

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

▲トップへ戻る