スポンサーリンク

医者は風邪薬を飲まない

Pocket

本格的に寒くなりました。
こちらでも、雪が時々ぱらつきます。
そして、寒い雨風のこの頃は、風邪を引きやすくなります。
「喉が痛くなってきた」
「熱がありそう」
そんな時、薬局で風邪薬を買って、食事後に飲んでから
しっかり寝て、明日までに直そう・・・。
そう思うことがありませんでしたか。
まず、「風邪」とは何でしょうか?
正式には「風邪症候群」といい
・喉の痛み・腫れ
・その他の症状(咳、熱、鼻水、下痢など)
の時に「風邪」と診断されるようです。
風邪の原因は、90%がウイルスということです。
病院で受診して、風邪と言われて、処方される薬で
抗生物質がありますが、ウイルスに直接効きません。
抗生物質は、細菌に対して効果があります。
風邪が原因で起こる、肺炎、咽頭炎、鼻炎の細菌に
対して、処方されるようです。
ただ、抗生物質によって腸内細菌も攻撃してしまう
問題があります。
また、風邪薬で
・咳を抑える
・熱を下げる
・喉の痛みを緩和する
などは、対処療法と言われて、風邪による症状を抑えるだけで
風邪を治すものではありません。
そう、風邪の原因である、ウイルスに効く風邪薬はないのです。
昔、学校の先生が言っていたことを記憶しています。
「風邪を治す薬を開発したら、ノーベル賞だ」
この世には、風邪自体を治す薬はないのです。
風邪による症状を抑えるだけの薬を、風邪薬と言っています。
風邪は自力で治るものです。
自己免疫力です。
それを知っている医者は、風邪薬を飲みません。
仕事や勉強で支障があるとき、一時的に症状を
抑えるために飲むだけです。
風邪薬で症状を抑えると、風邪の治りが悪いです。
なぜなら、風邪の症状は、自己免疫反応だからです。
・咳を出す
・鼻水を出す
・熱を上げる
・食欲がなくなる
これらの風邪の症状は、風邪を治すために行っています。
咳や鼻水は、ウイルスを外に出そうとする行為。
熱を上げるのは、細菌やウイルスと戦うための身体の準備。
食欲がなくなるのは、消化エネルギーを免疫力に向けるため。
風邪になったら、
「食うな」「動くな」「寝ていろ」
とも言われます。
風邪にならないようにするのが一番ですが
風邪になったら、風邪薬を安易に手にする前に
今の症状はなぜそうなっているのか、考えましょう。
そして、身体の声に耳を傾けて。

Pocket

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

▲トップへ戻る