スポンサーリンク

抗がん剤の副作用

Pocket

最近のマスメディアでは、日本人の二人に一人はガンで
亡くなると言われるようになりました。
ここで、3大がん治療のうち抗がん剤についてのお話です。
そもそも、抗がん剤とはどのようなものか。
抗がん剤とは、悪性腫瘍つまりガン細胞が増えるのを
抑える薬です。
ガン細胞は、人体の他の細胞と比べてとても強く、増殖も活発に
行います。そして、ガンが全身に広がった時に効果があると
言われているのが、抗がん剤です。
抗がん剤は、活発に細胞分裂するものを特に狙って攻撃する
ようですが、人体の他の細胞も狙います。
人体の中で活発に細胞分裂する、毛根、骨髄、腸管です。
よく、ガンの治療を受けている方で、髪の毛が全て抜けてしまった
というのを見聞きしていると思います。
まさに、抗がん剤が作用しているのです。
そこで主作用・副作用と言われるものですが、主作用はがん細胞の
分裂や増殖を抑えることです。しかし、これは他の人体の細胞にも
言える事で、特に毛が抜けたり、貧血・口内炎になったり、吐き気
を催したりします。
免疫系の白血球や腸内細菌がダメージを受けると、体内の免疫機能
が低下し、ガンだけでなく通常の感染症にも抵抗力を失います。
そうすると、どうでしょう?
体内にある異物を攻撃してくれる、免疫機能が効かなくなれば・・・。
ガン以外の病気、多いのが肺炎ですが、菌が入っても抵抗力がありません。
そのため、がん治療で体の免疫がなくなると、無菌室に入るのです。

Pocket

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

▲トップへ戻る