スポンサーリンク

減塩信仰は嘘なのか?

Pocket

そもそも、「塩」に関してですが、
よく「天然の塩がいい」というのは聞いていました。
そして、「食塩」はかつて、1つの会社が独占していたことも。
もっと言えば、「塩」はお上が支配していて
戦後は、「天然の塩」ではなく「食塩」を国民に与えた、と。
そんな中で、かなり前から「減塩」が流行っていました。
そして、なんとなくその方がいいのかなぁと思っていたところ
いやいや、人体に塩分は必要で、もっととってもいい、という人も。
で、調べました^^
1.「食塩」と「塩」
古来から日本では、海水を天日干しして塩を作っていました。
瀬戸内海にあった塩田は有名ですね。
「塩」と言えば、塩化ナトリウムと理科の時間で習いましたが
海水の塩の成分は、塩化マグネシウム・硫酸マグネシウム・
塩化カリウム・鉄分などミネラルが豊富に含まれています。
戦後、GHQによる統治で「精製塩」に変わりました。
イオン交換膜法という工業的な塩の製造方法になったのです。
この方法によって、純度の高い塩化ナトリウム、
つまり食塩が日本中に行き渡りました。
その代わり、不純物扱いをされた産みミネラルは失いました。
現代では、海のミネラル「塩」ではなく、
精製塩である「食塩」をとっているようです。
2.塩による身体の影響
では、塩は身体にどのようにいい影響・悪い影響があるんでしょうか。
塩の取り過ぎは、高血圧になるとよく聞きますね。
逆に、真夏の発汗では塩分を取りましょう、と注意があります。
塩の身体での働きは、
①体内の浸透圧を保つ
②消化液(唾液・胃液)の成分
③神経伝脱物質
④保温や筋肉収縮
などが挙げられます。
消化器官では塩酸が含まれることから理解できます。
神経や筋肉でも必要なものだったんですね。
3.精製塩と自然塩
よく低体温というのを聞きますが、塩不足が原因とも言われます。
低体温の原因はたくさんあり、「運動不足」「南国の野菜果物」
「冷房」「肉食」などです。
低体温による病気は多くあるようで、
がん・頭痛生理痛・肩こり便秘・精神疾患と現代病全般です。
このように現代病が増えているという傾向は
日本人がとっていた本来の自然塩がほとんどなくなって
精製塩になったから、という理由が浮かび上がってきました。
人体は、海水の成分に近いと言われます。
極端に塩化ナトリウムだけをとるのではなく、他の微量元素
つまりミネラルも必要です。
そのバランスを取り戻せば、現代病が少しでも改善
されるのでは、と考えます。
ここで「減塩」に関してですが
高血圧や胃がんの原因になる理由で「塩」があり
「減塩」が流行っています。
しかし、塩は身体にとても必要なものであることはわかります。
減塩によって、その「しょっぱさ」を添加物・化学物質で
補われるとなれば本末転倒でしょう。
今の日本の減塩信仰はまだまだ続きそうですが
精製塩を減らして、自然塩を多く取るべきかなと考えます。
では、ひとつ参考に通販ですが塩の商品を見てください。
ミネラルが含まれていることが説明でも成分でも分かります。

Pocket

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

▲トップへ戻る