スポンサーリンク

病院に行かずに、喉の痛みを治す

Pocket

冬になって、風邪が流行り始め、喉を痛めている方が
多く見られます。
私も、冬場の乾燥した時期にはよく喉が痛くなり
長く咳が続きます。今年も年末年始は喉の痛みと咳に
悩まされています。
数年前なら、仕方ないと思って病院や薬局に急いでいくところですが
今は、民間療法をいろいろ試しています。
今回は、喉の痛みや咳に効果があると言われるものや
私が実際にしているものをご紹介します。
1.首を温める
これは効果を実感しています。
マフラー、タートルネック、ネックウォーマーを使って
首を温めます。なければタオルでもいいです。
私は、部屋でも寝る時でも、ネックウォーマーを着けます。
首を温めることで、喉の腫れを抑えて
菌に対する抵抗力を増加させてくれます。
逆に、首を冷やしてしまうと、風邪になりやすく感じました。
2.温かい飲み物をとる
温かい飲み物で、喉を潤します。
冬の時期は特に乾燥しています。喉が乾燥すると腫れます。
ハチミツ大根、梅干し番茶、生姜湯などが良かったです。
既に弱っていて、用意するのが面倒であれば、
お茶や紅茶に、ハチミツを入れるなどしました。
逆に冷たい飲み物は、喉に悪い刺激になります。
悪化するので、暖かいものにしましょう。
外出時には、飴玉やマスクを使って
喉の乾燥を防いだり、湿気を保持したり工夫します。
3.喉に効く、ツボを押す
・かみしゃくたく(上尺沢)
肘(ひじ)の内側のシワから、指2本分上の
真ん中より親指側の部分です。
少し押さえると痛みを感じる部分です。
喉の痛みに効果があります。
・こうさい(孔最)
肘(ひじ)の内側のシワから、指4本分下です。
咳に効果があります。
小さくもみほぐします。
・てんとつ(天突)
喉仏の下の方。鎖骨の間のくぼみです。
下に向かって押す感じです。
喉の痛みを緩和させます。
4.お婆ちゃんの知恵、タマネギの臭い
タマネギを包丁で切るときに、涙が出ますが
それはタマネギの硫化アリルという気体が原因です。
タマネギをスライスして、寝る時に枕近くにおきます。
その硫化アリルが、喉の痛みや咳を鎮めてくれます。
安眠作用もあるので、一石二鳥です。
その他にも、
・刺激のある物は食べない(辛いものなど)
・なるべく声を出さない
・酒タバコは控える
などです。
まずは、できることから始めませんか。

Pocket

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

▲トップへ戻る