スポンサーリンク

1日2食で健康とダイエット

Pocket

私が、子どもの頃も社会人になっても
3食はキチンと摂るべきと思っていました。
「時間がない、パンだけ食べよ」
とか、ありませんか。
朝食を摂らないと、午前中は空腹で
勉強仕事にならないと考えていました。
1日2食という、食生活を決めて、始めてから
空腹感はありましたが極端な肉体労働ではないので
大丈夫かなと感じています。
仕事内容によっては、昼前に昼食にすることもできるし
遅くなれば午後1時2時になることもあります。
朝食を抜いて、1日2食にすることで
健康やダイエットにどういいのか、挙げてみます。

・胃腸を休める
・排毒を促す
・適正体重に持っていく

まず、胃腸の消化器官を休めることができます。
消化から排出に掛かる時間は18時間とも。
朝食を抜かなければ胃腸は常に働き続けています。
そうすると、昼食を抜いても、休まらないですね。
消化吸収にはとてもエネルギーを使います。
風邪など病気で寝込んだ時、食欲がないのは
消化ではなく、免疫にエネルギーを向けるためです。
(風邪で食欲がない時は、食べてはダメですよ)
排毒つまり、毒素の排出です。
食事をすることは、体の細胞やエネルギーの原料を
取り入れることでもあり、また毒物を溜め込みます。
現在では、毒素の排出は食べること以上に重要です。
排出つまり排泄ですが、胃腸での消化が続いていると
排泄へのエネルギーが十分ではありません。
消化で使うエネルギーを排出へ向けるために、消化
を休ませる必要があります。
そして、現代では過剰摂取が多い食生活です。
1日2食にするだけでも、カロリーが抑えられて
適正体重へ向かうそうですが、ダイエットになっていますね。
1日2食でダイエットになるというのは、摂取カロリー
だけの問題でもないようです。
やはり腸の働きにあるようで、痩せすぎの人は腸が十分に
働いていないということです。
そのため、腸の働きが回復すると、吸収が良くなり、体重が
適正に増加して、まさにダイエットです。
今まで、1日3食を食べていた人、間食や夜食が多かった人は
いきなり、1日2食にしてみるのは大変かもしれません。
朝は、食事量を減らしていって、味噌汁やスープくらいに。
少し腹が減っても我慢してみてください。
習慣化してみて、体力や体調に耳を傾けてみてはどうでしょうか。

Pocket

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

▲トップへ戻る