スポンサーリンク

1日3食は間違い?1日2食健康法 その3

Pocket

前回までに1日3食になった歴史といきさつをご紹介しました。
では、1日3食と1日2食のメリット・デメリットは何か
挙げていきたいと思います。
・1日3食
栄養学(カロリー)の観点
戦前、栄養学の父と言われた、医学博士の佐伯矩(さえきただす)が
医学から栄養学を独立させました。
彼は、日本人のエネルギー消費量を計算して、摂取すべき熱量を
出しました。すると、2500~2700キロカロリーとなり
1日2食では足りないことから、3食を提唱しました。
腸のリズム
朝昼晩とキッチリ食事を摂ることで、腸の消化を一定リズムに保つ、
という考えから、1日3食を規則正しく食べるのがいいとされています。
血糖値
やはり、3食を規則正しく摂ることが、血糖値を安定させるのに
いいという考え方です。
・1日2食
断食効果
胃腸の消化吸収排泄作用は、12時間とも18時間とも言われます。
そのため、胃腸を休めるのに朝食を抜き、前日の夕食から、次の昼食
までは食事(固形物)は摂らない方がいいという考え方です。
午前は排泄、午後は消化、夜は吸収、というサイクルの見方があります。
午後の消化サイクルで、昼食と夕食を済ませることです。
朝食を抜くことで、午前の排泄サイクルでは、体内の毒素をより多く
排出することができるというデータがあるそうです。
栄養学から
「1日3食」にも出たが、現代では消費カロリーが少なくなっているから
1日2200キロカロリーでもいいのではないか、と言われる。
肉体労働よりデスクワークが多くなり、あまり体力を使う仕事や家事が
減っているので、2食分でも大丈夫という考え方です。
また、栄養学やカロリー計算では説明がつかない事例があるようです。
1日の食事量がとても少ないのに、健康で長生きしている方が実際に
存在して、カロリーでは判断ができないということです。
1日2食にすることで、食事回数が減り、食費や家事が減り、負担が
大きく減らすことができます。その分、質のいい食事にすることができて
健康になるなら、余程いいことだらけのようです。
1日2食にすることで、消化と排泄を強化することになり、
ダイエット効果が期待できます。実践者の中には、やせすぎだったのが
太り始め、適正体重になったそうです。

Pocket

Comment

  1. ウソのつけの より:

    昔2食、国内食品産業はそのままで米国からの食料輸入。食料が増えたから2食ではさばけないから国が3食の方針を示した。国の職員である国立栄養研究所の佐伯博士が国の命令に従い3食理論を提唱。普通外食でも1回あたり800キロカロリー程度かかるので800×3食=2400キロカロリーと算出されるから、1日2400キロカロリーとしただけ。デタラメの栄養学を正当化して難航不落に強化すべく女性の管理栄養士国家資格を設立し誰も破れないウソの栄養学を作った。多くの慢性病患者、がん患者を輩出した。国のイヌが国の命令に従う変な世の中。健康を追求すると少食がよいと言えなかったのね。国家は時として正しいことをしない。多くの人をがんで殺しても2人に1人ががんになる時代と言い張る傲慢さ、いつか外国から3食の国家賠償責任を追求されるだろう。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

▲トップへ戻る