スポンサーリンク

うつ病8~処方された薬の効果・副作用1

Pocket

処方された薬の効果と副作用(薬、効果、副作用)

初めて心療内科を受診したきっかけは2日続く不眠でした。
その後うつ病と診断されるまでいくつかの薬を処方されました。
医師の説明どおりの薬、説明や効能書きとは違う効果、副作用など
個々に効き目は異なると思います。
以下は私が服用経験のある薬です。

睡眠障害の薬

レンドルミン
ロヒプノール
サイレース
ルネスタ

レンドルミンとロヒプノール、この2種類の錠剤はけっこう長く飲みました。
レンドルミンは睡眠導入剤で眠りにつき易いです。
短時間型、とも呼ばれます。
私はこの短時間、という表現を勝手に「ゆるやかな効き目できつくない」と解釈していたのです。
実は睡眠薬は短時間型のほうが依存性が強く、負担なのです。
ロヒプノールは中時間型、という感じです。
睡眠の途中で目が覚めないように、眠りを引っ張るタイプです。
これはその効果が中時間かどうかわかりませんが眠るには必ず効く、という安心感はあるのですが麻薬に近いのでは?と思います。
アメリカ旅行では原則として持ち込み禁止です。調べられることはほとんどありませんが。

他には1か月くらいのお試しとしてマイスリー、アモバンを飲みましたがいずれも効果が皆無でした。
マイスリーが効く人は多いとのネット情報を見ていたので残念です。
なぜこの2つを処方されたかというとレンドルミン、ロヒプノールとも連続して何年も飲んでいると効き目が薄くなります。
医師に相談したところこれらを出されました。
しかし結局ロヒプノールが自分には効くようです。
睡眠薬も万能ではないので効く日とそうでない日はあります。
寝付けない、脳が休みにくい日なんて誰にでもあることです。
でも薬を飲んだのに眠れないなんて、本当に苦痛です。

3年ほど前に転院してからは、「ロヒプノールと同じですから」と言われサイレースを処方されました。
これが、飲みはじめはものすごく効くのです。
ロヒプノール服用歴が長いから医師が薬を変えたのではないようです。
そこの医院はロヒプノールを扱わなかったのです。
サイレースを飲んだ翌朝は眠気が取れなくて起きるのが大変でした。
頑張って通勤電車には乗りましたが、足元がふらつくほど危なかったです。
でもそこまでの効き目は1日だけで、翌日からは普通に起床、出勤できました。
それも依存の一つかと思うと複雑な気持ちです。

今この国で認められ、処方される睡眠薬の中で1つ1つ、自分には効果がなくなっていくわけですから。
もちろんそれより早いスピードで新薬が誕生するので不安に思うことはありません。

そのとおり、さらに転居、転院したところルネスタを処方されました。
短時間型、なのに依存性が低いらしいのです。
新しい薬なので情報は少なめと思います。
ルネスタは用量が1ミリ、2ミリ、3ミリ、とあり通常は2ミリを処方されますが、
私は途中から3ミリを飲み、最近は1ミリと2ミリを組み合わせて使っています。

なぜ薬剤師でもないのに「組み合わせる」かですが、
精神疾患患者の特徴として薬を自分の判断で減らしたり、増やしたりするからです。
以前は医師には告げずに減らしては眠りが浅かったり、
ロヒプノールを1錠のところ2錠飲んで朝トイレに行こうとして転倒したり、といったことがありました。
やはり、人工的な眠りは嫌で自然な睡眠が欲しいのです。
減薬したい人は他の病気や他の症状でもあると思います。
睡眠薬の場合、こっそり減らしてもばれにくい気がしたのです。
しかしそれをするとかえって薬を消費し、ある日足りなくなりました。
医師に正直に話すと「そんな飲み方は、みんなしてるからね。今回は少し多めに出しときますね」と笑われました。

Pocket

▲トップへ戻る