スポンサーリンク

うつ病9~処方された薬の効果・副作用2

Pocket

処方された薬の効果と副作用(薬、効果、副作用)

2心を落ち着かせる薬として。
デパス
ソラナックス
この2錠は精神安定剤に属します。
脳が休まなければ眠れずイライラします。それを解消し睡眠へ導きます。
リラックス効果、という説明でした。副作用が眠気なので睡眠薬ととても相性がよい薬です。
デパスは日に3回飲む人がいますが私は就寝前に睡眠薬と同時に1錠飲みました。
デパスをソラナックスに変更してしばらくはソラナックスだけでいいようでしたが
これも依存性があるのか徐々に効果が減り、
やはり睡眠導入剤と合わせて使うしかありません。
個人的には内科でも比較的簡単に処方されるこの薬だけで眠れると嬉しいのですが。

3うつ病の薬として。
トリプタノール
レメロン
これは意欲を出してくれる薬です。
初めてうつ状態と診断されたとき、トリプタノールを出されました。
2週間位で効いてきますので、という話でした。
結論としてはあまり効きませんでした。
何事にもやる気が出ないのはうつ病の特徴ですが意欲が出ないままです。
不信感が効果を弱めるのかもしれません。
脳のどこに訴える薬なのでしょうか。そして副作用の便秘がどうしようもつらいのです。
3日目頃から便秘が続きました。
それを次回の診察で言うと医者は「申し訳ないです。この薬の副作用でして」と。
薬を出す前に説明してほしかったです。
排便を楽にする薬がありますので追加しましょうか、と言われましたが
そこまでしてこれを飲む理由がわからず断りました。
次に転院した際また意欲を高めて心が沈まないようにする薬として処方されたのがレメロンです。
レメロンは睡眠も促すのでトリプタノールより適していると言われかなり期待しました。
しかし結局効果が見えません。
副作用の眠気もありません。レンドルミンとロヒプノール、レメロンを飲んで一時的に薬は増えるけど次第に
レメロンだけで眠れて昼間も活動できるはず、と言われたのですが。
これも副作用の便秘が私にはあり、通常ないようですから副作用の出方は人によります。
医者からうつ病ですと言われて、そうなのかもしれませんが違うのでは?と思う自分もいます。
今も同様、客観的な数値データがないので自分は障害でもなくうつ病でもないのかもしれません。
唯一確かなことは不眠の薬は必要というところだけです。
今思い返せば私は発達障害及び不安障害(これも不確かですが)なのでうつ病の薬がピンポイント
に効くことは少ないのです。
発達障害が原因で症状がうつ、なのかそれは今後の医療が発展するしか納得できる答えは見つかりません。
もうたくさんの医院へ行きたくさんの医者と出会いましたが、見立てがバラバラです。
紹介状を用意すると確実に前医院と同じ薬を出されます。
これもよし悪しで過去の通院や処方歴を告げずに新たな病院へ行くのも悪くないと思います。
お金も時間もかかりますが。
その医師へ全部ゆだねてみる、ダメならまた変えたらいいことです。
うつ病の薬の効果は2週間以上毎日服用しなければ出てきませんが3ヶ月飲んでも効果がないようなら、
その薬は合っていないと思います。

Pocket

▲トップへ戻る