スポンサーリンク

新型うつ病1~私の履歴

Pocket

私は今から13年前に、新型うつ病だと診断されました。
福祉の仕事をバリバリし、結婚したてで、
自分で言うのもなんですが、輝いていた時でした。
私の場合は、仕事で新型うつ病になった訳ではありません。
職場の労組によってです。厳しく叱咤され、弱い、自分を変えろなどと言われ続け、
労組の仕事が忙しく、自分の中で、何かがプツンと切れる音がし、そして新型うつ病となりました。

 

■新型うつ病とは

①仕事には行けないが、趣味や好きな事を楽しむ事ができる
②過食、過眠
③気分の浮き沈みが激しい
④夕方の方が調子が悪い
⑤傷つきやすい
⑥新型うつ病になった理由を、他人(会社)のせいにする

上記のような特徴となります。
しかし、これが100%という訳ではなく、様々な症例があります。
ちなみに私は、仕事には最初行く事ができても、次第に体調が崩れていき、
休みがちになり、趣味が楽しくなりました。
①には完全に当てはまらなくても、②~⑥までは当てはまります。
症状には個人差がある事は、気に留めておく必要があると思います。

 

■新型うつ病で失ったもの

友人です。
カミングアウトをしたら、「何、その病気。そんな都合の良い病気なんてないよ」
などと言われ、離れて行きました。
私も悪い点はあったのです。新型うつ病になった訳を愚痴として延々と語ったり、
朝からお酒を飲んでいるなどと話したので。
新型うつ病になり、私はお酒を飲むようになりました。
その量はどんどん増え、一日で7、8缶は飲むようになり、
それは朝から始まります。
結局アルコール依存症一歩手前までいきました。
傍から見れば、ぐうたらな自分勝手な生活をして、
家事はしない、とか言っている私を認める訳がありません。

■新型うつ病も、脳の病気

従来のうつ病と同様に、新型うつ病も辛いのです。
確かにカラオケBOXで遊んだ事も一回や二回ではありません。
しかし、寝込む事も多いのです。体がまるで鉛のように重く、
身動きが取れないという時もあるのです。
そして、『認知の歪み』(白黒はっきりさせないと気が済まないなど)
が出て、生活をし難くさせる事もあります。

■新型うつ病で悩む方、理解したい方へ

信頼できる医師としっかり話をし、できれば身内も同席して
疑問点・不安などの解決を図っていく事が大切だと思います。
また、お勧めは日記です。毎日書けという訳ではありません。
抑えられない気持ち、辛い気持ちを吐き出す事も必要です。
そして、その日記に『何があってこう思った』など具体的に書く事で、
振り返られると思います。そこから見えてくるものもあります。

新型うつ病にも、誰にでもなる可能があります。
うつ病は『心の風邪』とよく例えられますが、当事者には、
『心のインフルエンザ』『心の巨大台風』なのです。
ですから、軽く考えずにしっかりと治療の必要があるのです。
そして治ります。
13年目の私が今、そのラインに来ています。
なので、自暴自棄にならずに、焦らずマイペースで進んで行くと良いと思います。

Pocket

▲トップへ戻る