スポンサーリンク

新型うつ病5~治し方、療養中の過ごし方

Pocket

 

新型うつ病の治療に入りますと、まず「ゆっくり休むように」と言われます。
ゆっくり休むとは、眠たければ寝て、無理な事はしないで、まったりと過ごす事です。つまり、『ストレスのない生活』にする、という事ですね。
私の場合の新型うつ病の治し方、療養の仕方をご紹介します。

■治し方
『とにかく心身を休める』
これに尽きます。
あとはどう過ごすか、にかかっています。

■療養の仕方
①薬の副作用で眠くなるのか、はたして疲れが一挙に出て眠いのか不明ですが、眠い時に寝ていました。
→その為、一日の殆どを布団の中で過ごす。
②家事は無理しないで休む。
→夫に家事を協力してもらう。
③仕事を休む。
→休んでも気になりますが、今は休んで元気に出勤できる日を待つ!と、自分に言い聞かせる。

特に挙げられるのは、このくらいでしょうか。

どれも重要ですが、仕事を休職する事はなかなか難しいケースもあると思います。
でも、ここで「分かりました。できるだけ出勤します」では、治りません。
悪化するだけです。
仕事を休むのは後ろめたい気持ちが出てきますが、割り切りが大切です。
そして、休職には以下の制度を利用すると良いと思います。

1 療養休暇(給料の何%かが支払われます。会社の規定によります)
2 休職(給料は一切支払われません)

私は、療養休暇を半年取りきりました。給料の60%が支払われていたので、経済面で助かりました。
その後、休職を一年取り、それでも治らなく、退職をしました。
本当はあと一年休職をして、という話もあったのですが、私の分の人員を、健康な人に正社員で雇った方が、職場も助かるだろうと判断し、また私も気兼ねせず療養に集中できると思ったので、退職に踏み切りました。

■家族の協力
家族に家事の協力をしてもらった方が良いです。
私は夫が食事を作るという事をしてくれ、とても助かりました。
しかし、どこの家庭でも家族の方が協力をしてくれるとは限りません。
ぐだぐだ過ごす人を見て、何で家事くらいできないんだ!? と責めたくもなるでしょう。
新型うつ病にとって、一番難しいのが、『周りの理解』です。
これだけ新型うつ病の患者が増えても、本当の意味で理解できるのは、当事者だけです。
そして、書籍もいくつも出版されていますが、その通りになるとは限りません。
書籍はあくまで参考としないと、余計に戸惑います。

家族の協力を得るには、診察に家族が同席する事が大事です。
主治医からの説明があれば納得する人もでてくるでしょう。
私の場合は、夫が積極的に新型うつ病について勉強してくれたり、主治医との話の時間を作ったり、何より私の心に寄り添ってくれた事が最大の救いでした。

こうして、理解されると新型うつ病との闘病も負担が減ります。
無理をして家事などをしても、決して良くなりません。
周りの理解は本当に難しいです。
私は幸い恵まれましたが、それでも治療に10年以上もかかりました。

■新型うつ病の治癒の方向性
周りの理解が患者を救います。
特に家族に責められる事は辛い事です。
決して本人を責めずに、見守ってあげる事、それが治癒への第一歩となると思います。

新型うつ病は、社会に浸透されつつあるように見えて、実はまだまだです。
偏見の目で見られていると思います。
実際、私も「うつ病だよ」と従来型を装った時期もありました。
そういう理解の難しい病気である事を、認識してくだされば、
少しは患者も過ごしやすくなるのではないでしょうか。

Pocket

▲トップへ戻る