スポンサーリンク

統合失調症7~食べ物について

Pocket

基本的に食べてはいけないものというのはありません。
三食しっかり食べること、バランスよく取る事を心がけましょう。

飲み物 ~ やはりカフェインは・・・

薬の説明にも書かれていたのですが、病院の先生に言われたことは
「お酒を飲んではいけない」ということです。
薬の種類によるのですが、私が飲んでいる薬の中に
飲酒をすると薬の作用に影響するものがあります。
そのためお酒を飲むことが出来ません。
ちょっとくらいいいだろうという油断は、
何かあって後悔しても遅いのでしっかりと守っています。
影響が出ない薬も増えてきたのかもしれませんが、
精神疾患の薬である以上飲酒はなるべく避けた方が良いかもしれません。
 
飲み物でいうとその他に、コーヒー・紅茶などカフェインを多く含んでいるものは、
飲む量を減らすなどした方が有効です。
私は紅茶が大好きなので、何杯も飲んでしまうことがあるのですが、
調べた所あまり良くないそうです。
コーヒーや紅茶を飲んで気分が落ち着く等プラスの効果が多いと思いきや、
反対にストレスを溜めてしまう効果があるそうです。
これには私も驚きました。飲み物でもストレスが溜まる……。
飲んではいけないということはないのですが、
過剰摂取にならないように量を減らすのが一番早い方法です。
では何を飲めばいいのか?というと、豆乳や水が良いそうです。

食べ物 ~ 精神安定によい成分は?

精神安定によいとされている成分は、カルシウム、ビタミンC、トリプトファン等です。トリプトファンとは牛乳や大豆製品に含まれています。
牛乳は色々と効果のある成分が含まれているので、飲める方は飲むようにしましょう。もし苦手という方でも赤身魚や肉類にも含まれていますので、そちらを食べると良いかもしれません。
砂糖・炭水化物は過剰摂取しない方が良いとされています。
カフェインと同様摂取しすぎると、体調に変化(不眠等)が出てしまうそうです。

補足事項

どの食べ物や飲み物も取りすぎると変化が出てきてしまうかもという理由なので、
全く食べるな!ということではありません。
どれに対してもほどほどに、ということです。
薬によっては太る作用もありますから、自分自身の身体にも気を使うという意味では、頭の隅にでも置いておくといいかもしれません。
体調管理も食事管理も自分で意識をすることで、良い方向に進むかもしれません。
 

Pocket

▲トップへ戻る